読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイスター!

第7世代シングル 自己満記事を掲載します。

S2最終使用構築 ノーマルZウルガモス

SMシーズン2

f:id:biscuit-0821:20170319141454p:plainf:id:biscuit-0821:20170305171931p:plainf:id:biscuit-0821:20170217222207p:plain

 

f:id:biscuit-0821:20170319141500p:plainf:id:biscuit-0821:20170319141457p:plainf:id:biscuit-0821:20170114172941p:plain

 

ウルガモス @ノーマルZ

161-*-85-205-125-152 炎の体

炎の舞/破壊光線/めざめるパワー地/蝶の舞

 

メタグロスメタグロスナイト

155-197-171-*-130-178 硬い爪

アイアンヘッド/地震/冷凍パンチ/雷パンチ

 

ボルトロス(霊獣) @ゴツゴツメット

 167-*-99-176-101-168 蓄電

10万ボルト/めざめるパワー氷/挑発/悪巧み

 

ゲッコウガ @ミズZ

147-*-88-155-91-191 変幻自在

ハイドロポンプ/冷凍ビーム/めざめるパワー炎/水手裏剣

 

カバルドン @オボンの実

215-132-165-*-113-67 砂起こし

地震/ステルスロック/欠伸/吠える

 

ミミッキュ @命の珠

159-156-103-*-125-117 化けの皮

じゃれつく/影打ち/剣の舞/トリックルーム

 

 

 S2最終使用構築。といってもS2終わる3日間はリアルの関係で全くポケモンに触れなかったのでラストスパートにレーティング参加することができませんでした。

 

この構成のノーマルZウルガモスを見て自分も使いたくなったのでそこから構築スタート。

物理耐久が低いこのポケモンを補佐する為にカプ・テテフサイコキネシス/ムーンフォース/シャドーボール/挑発 @気合の襷)を用意し、サイコフィールドからの御膳立てを試みたが、上位に行くにつれ選出段階でカプ・テテフの選出がしにくいと感じ急遽ゴツゴツメット持ちの霊獣ボルトロスを用意した。

 

前回に引き続き、メタグロスを相方に従来の対面構築のように殴り勝っていく構築を目指した。

 

 

f:id:biscuit-0821:20170314221019p:plain

最もパワーが発揮されるであろう控え目CSで採用。

対応範囲が広く、破壊光線のおかげで本来勝てない相手を突破できるようになった。

使いたくなった理由はこちらのブログを見てから。

第9回関西シングルFESTA使用構築 - Never-Ending Sweet Dream

 

f:id:biscuit-0821:20170114023119p:plain

前回のリベンジを込めて。

打ち合い範囲を広くして後述するカバルドンや霊獣ボルトロスを相方に多くの相手と打ち合ってもらう。

思念の頭突きやバレットパンチの採用も考えたが、削る技が頭を捻っても見つからなかったので雷パンチ搭載のこの構成。

この構築ではメガシンカポケモンがこの1匹だけだが、どの試合に出しても基本的には腐らない為、もう1匹メガシンカポケモンが欲しいとは感じなかった。当然選出率は1番高い。

行動回数が多く(Sが高い)初手においても基本的に困らないほど対応できる範囲が広い鋼タイプは自分自身とても好みなので評価がかなり高い。

 

f:id:biscuit-0821:20170217222201p:plain

カプ・テテフから引き継いでの採用。メガメタグロスと共に選出する事が多かった。

主に受け主体の構築を崩してもらうが、挑発からウルガモスミミッキュを展開する事もできる。もちろん自身も悪巧みから決定力を与えることも可能である。

持ち物はデンキZを持たせたいポケモンだが、今回はウルガモスメインの構築なので同時選出をする為、ゴツゴツメットでの採用。ガルーラよりSが1高く、その取り巻きであるボルトスイクンにも強い為、ゴツゴツメットは腐らずに活躍が見られた。

 

f:id:biscuit-0821:20170314221348p:plain

ウルガモスが出せない時に選出するZ持ち。初手に置くことが多かったので簡単に止められないようめざ炎での採用。

ミズZハイドロポンプで一貫通し後ろの圏内に入れる動きが多かった。

もう既に有名なのかもしれないが、ミミッキュに対してめざ炎から入り変幻自在でタイプ変更からじゃれつくを受け、ミズZハイドロポンプで一矢報いる動きが優秀。

バシャーモドリュウズなどの高速ポケモンが重いので水手裏剣を採用。

 

f:id:biscuit-0821:20170314221134p:plain

この構築全てのポケモンと相性が良い。

構築全体で重い地面ポケモンを受け、欠伸で誤魔化してもらう。

もちろんウルガモス、霊獣ボルト、ミミッキュの展開の御膳立てをしてもらう役割も備えている。

初手に置くとZ技で葬られるので基本的には後ろから投げる事が多かった。

持ち物はバンジの実と悩んでいたが、バンジの実の発動機会が少なかったのでオボンの実。

 

f:id:biscuit-0821:20170114021805p:plain

化けの皮を用いて色々なポケモンを誤魔化してもらう点、自身が決定力を与えるようになれる点どちらも優秀で採用しない理由がないといえるほど強い。

今回は技構成にトリックルームを採用した。

ゲッコウガの項目でも述べたが、高速ポケモンが重いのでその切り返しに試しに使ってみたら思っていたほど決まり採用に至った。

高速ポケモンが重いから、という理由だけでなく、ウルガモスがS152という何とも言えない素早さなので逆に先手を取って本来苦手なポケモンを倒す動きも行えた。

トリックルームと合わせて型破りメガギャラドスに対抗できるよう配分はHAベースにした。

 

 

■グロス/カバ/ウルガ

■グロス/ミミッキュ/ウルガ

■ボルト/グロス/ウルガ

この選出が勝率が良かったように思います。

 

 

今回もレート2100すら越えることができなかったが、時間を見つけてS3も上位を目指して引き続きやっていきたいと思います。

 

シングルレーティング・シーズン2 2ROM 2000到達

TN:タツマキ 最高2049 最終2006

f:id:biscuit-0821:20170321130455p:plain