ツイスター!

第7世代シングル

カプ・コケコとウルガモス ~カバマンダ~

久しぶりにアクセス解析をみたら結構なアクセスがあったので。

中身の無い当ブログに数多くアクセス頂き、誠にありがとうございます。

今回はいい機会(?)なので最近煮詰めていた構築を公開いたします。

生活事情ポケモンに割ける時間もそこまでないし、公開することによって、新しい構築に手出せると思ったので。

 

f:id:biscuit-0821:20180618142029p:plainf:id:biscuit-0821:20180618142415p:plainf:id:biscuit-0821:20170105184538p:plain

f:id:biscuit-0821:20180618142254p:plainf:id:biscuit-0821:20180618142328p:plainf:id:biscuit-0821:20180125151947p:plain

所謂カバマンダ。

ボーマンダを軸とした攻撃的な構築を目指しました。

また、この並びを多く見受けられたのでミラーへの勝ち筋を構築段階で用意しました。

 

 

それでは採用した順番から解説を行います。

 

f:id:biscuit-0821:20170112200415p:plain@気合の襷 臆病 エレキメイカ

145-*-106(4)-147(252)-95-200(252)

ボルトチェンジ/マジカルシャイン/挑発/電磁波

 

第七世代の主人公と個人的に思っており、未だにこのポケモンが第七世代最強だと感じている。

その理由として、高いS、型の豊富さ、挑発を始めとする補助技の豊富さ、エレキメイカーによる自身の火力補佐と自然的な催眠対策、ボルトチェンジや蜻蛉返りの対面操作など挙げるとキリがない。

構築スタート当初はこのポケモンをエースとして運用したいがためにデンキZを持たせて通すことを考えていたが、地面タイプが様々な構築に多く入っているため、それが叶わなかった。

また、高いSを持ちながら相手のスカーフ持ちにトコトン弱くなる。

そうした理由を解決し、カプ・コケコの選出が多くなり一度でも行動保証を持てる気合の襷をチョイスした。

襷を持たせることによって、相手のスカーフ持ちにはもちろん、地面タイプに対しても行動ができるようになり、後述するウルガモスボーマンダカミツルギへの展開のお膳立てを務められるようになった。

技構成は対面操作ができるようにボルトチェンジ、ミラーやゲッコウガ、地面タイプへの居座り打ち合いを意識してマジカルシャイン、コンセプト採用の挑発、相手の展開を防ぐ電磁波となった。

電磁波は吠えるや自然の怒り、リフレクターなどが他の候補に挙がる。

 

f:id:biscuit-0821:20180209035123p:plainボーマンダナイト 意地っ張り 威嚇/スカイスキン

171(4)-216(252)-150-*-110-172(252) ※メガシンカ数値

恩返し/地震/ストーンエッジ/龍の舞

 

次にチョイスしたのは攻撃的な軸となるメガボーマンダ

威嚇を駆使する扱いをするのでメガシンカするタイミングには細心の注意を払った。

カプ・テテフミミッキュリザードンなどと打ち合ってもらうため意地AS。

技構成は至って普通のボーマンダと感じている。

ストーンエッジは後出し電気を許さない。命中率がネックではあるがここ一番の最終手段としてのウエポンなのでそこまで気にならなかった。

先述のカプ・コケコの挑発から展開を狙う。

 

f:id:biscuit-0821:20180223210429p:plain@マゴの実 控え目 炎の体

172(92)-*-104(148)-188(124)-126(4)-138(140)

炎の舞/ギガドレイン/めざめるパワー氷/蝶の舞

 

カバマンダミラーへの勝ち筋として範囲の広いウルガモスを採用。

先述のカプ・コケコの挑発から展開し3タテを狙う。

また、マンダへの氷・フェアリー被弾受けとしても扱い、対ミミッキュに対抗できるよう回復実を持たせた。

ミラー(水・カバ・マンダ/ツルギが入って来たり)に対して1舞すれば全抜きも可能である。

ただ、リザードンヒードランを見るだけで選出し辛い。

配分は197-130メガボーマンダを1舞めざ氷で確定取れるくらいにCに割き、剣舞ミミッキュを意識した配分にした。

A143ミミッキュの+2ぽかぼかフレンドタイム耐え

S+1で最速135族抜き

 

f:id:biscuit-0821:20180223210517p:plain@フィラの実 腕白 砂起こし

212(228)-132-171(140)-*-110(140)-67

地震/ステルスロック/欠伸/吹き飛ばし

 

ボーマンダウルガモスの相方役・クッション役・欠伸によるストッパー・吹き飛ばしによる展開防止役としてカバルドンが入ってきた。

思考停止に有名な配分を拝借したが、この配分で困ったことは一度もなかった。

ステルスロックリザードンウルガモスボーマンダに対しての貴重なダメージソースになるため、外すことはできなかった。

外すことができるのであれば、氷の牙や炎の牙あたりが入ってくるだろう。

ヒレ入りに対して選出した場合はマンダの恩返し圏内にいれる為に交代読み地震を決める必要があったため、レヒレ入りには選出できなかった。

 

f:id:biscuit-0821:20180209042058p:plain@ノーマルZ 陽気 ビーストブースト

143(68)-209(60)-152(4)-*-70(148)-173(228)

リーフブレード/ギガインパクト/聖なる剣/剣の舞

 

ここまでギャラドスに舞われると全抜きされ、崩しの要素が欲しかった為、Z持ちのカミツルギをチョイス。

自分がZを選択する上で、タイプ一致ながら一貫性のある技または不一致ながらも高火力を出し役割破壊ができる技を選ぶようにしているので、今回は役割破壊が臨めるギガインパクト持ちでの採用をした。

これによって、役割遂行してくるリザードンやサンダーなどを狩ることができ、全抜きができるようになった。

カミツルギというポケモンは高いASから相手を崩していくポケモンなので、タイプ一致技にZを仕掛けるより役割破壊をしていく方が十分に強いと感じている。

残り1ウエポンとして今回は聖なる剣を選んだが、この理由として構築全体でヒードランナットレイが重かった為。格闘打点が少ない構築なので重宝する。上記理由から叩き落とすを採用したかったが、今回はしょうがなく外した。

聖なる剣の利点として、相手の能力を無視して叩けるのでポリゴン2オニゴーリに対してワンチャンス有利になる。

カミツルギというポテンシャルを活かした強力な型だと感じた。

 

f:id:biscuit-0821:20180209040503p:plain@ミズZ 臆病 激流

147-*-88(4)-155(252)-91-191(252)

ハイドロカノン/熱湯/水手裏剣/身代わり

 

ここまで相手のカバリザグロスポリゴン2に対して不安要素が多々あったため、それらを解決できるであろう激流ゲッコウガが最後の駒として入ってきた。

 身代わりを貼りながら自然的にリザードンポリゴン2を崩せるのは十分に強いと感じた。

冷凍ビームがないとボーマンダがキツい、とよく耳にするが、ボーマンダ入りには出さずにカミツルギウルガモスで崩すと決めていればそこまで困ることはなかった。

ただ、選出回数は圧倒的に一番低いのでこの枠は要検討。

ポリゴンZパルシェンフェローチェビビヨンあたりが候補か。

 

 

f:id:biscuit-0821:20170112200415p:plainf:id:biscuit-0821:20180223210429p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035123p:plain

f:id:biscuit-0821:20170112200415p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042058p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035123p:plain

f:id:biscuit-0821:20180209040444p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042058p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035123p:plain

f:id:biscuit-0821:20180209040503p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040444p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035123p:plain

この選出パターンが主。

ミラー戦には有利な駒を採用しているので負けてはならない。

 

この並びをしばらく使用していたが、カプ・コケコにフェアリーZ、ウルガモスにノーマルZ、ゲッコウガに襷挑発など型を多少変更しても構築として成り立つので従来のカバマンダ構築の完成度が高いと十分に感じた。

 

エンペルト

f:id:biscuit-0821:20180522092952p:plain

S7・S8で少しだけ使ったポケモン

構築で重くなりやすいゲッコウガカプ・テテフを誘う構築に入りやすい。

ただ、地面タイプに対してはかなりのダメージを受けてしまうが為に、水タイプとしては物足りない印象。

今回は実際に使用したエンペルトを紹介。

 

f:id:biscuit-0821:20180209042402p:plain

@バンジの実 190-*-109-132-168-81 波乗り/ステルスロック/欠伸/吠える

よくいるカバルドンみたいな感じでステロ欠伸からの起点にできるエンペルト

耐久値も高く、こいつ自身のタイプから組み合わせしやすいポケモンも少なくはない。

実際に使ってた並び↓

f:id:biscuit-0821:20180209042402p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035123p:plainf:id:biscuit-0821:20180209041039p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040305p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042801p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042748p:plain

 

参考記事↓

www.evervolition.com

 

 

f:id:biscuit-0821:20180209042402p:plain

@ミズZ 161-*-108-178-121-112 ハイドロポンプ/冷凍ビーム/身代わり/高速移動

第四世代の対戦でよくいたエンペルト

有利対面から身代わりを張り、激流を発動させスーパーアクアトルネードの決定力を与えていく。謂わば激流ゲッコウガみたいなポケモン

鈍足なので高速移動から全抜きを試みることができる。

役割的にラスターカノンが欲しいが、マンダへの打点を抜くのが難しく、激流ハイドロポンプと弱点ラスターカノンの火力はあまり変わらないので命中率を無視した。

実際に使ってた並び↓

f:id:biscuit-0821:20180209042402p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040444p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035123p:plainf:id:biscuit-0821:20170112200415p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040904p:plainf:id:biscuit-0821:20170112200419p:plain

デンキZカプ・コケコを通したいが為に水を2体採用し地面に対して圧力をかけていた。

 

冒頭でも述べたが、地面技がかなり入るのでボーマンダ地震が多い今ではあまり使いたくないが、こんなポケモンもいるよっていう簡単な紹介記事。

 

USM S9 結果報告

TN:ビスケット 最高2040 最終1970くらい

サブROM 最高/最終1900くらい

構築A:f:id:biscuit-0821:20180223210517p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035123p:plainf:id:biscuit-0821:20170112200415p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040941p:plainf:id:biscuit-0821:20180223210429p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042058p:plain

構築B:f:id:biscuit-0821:20180209042223p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035728p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042721p:plainf:id:biscuit-0821:20170112200415p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035123p:plainf:id:biscuit-0821:20180223210429p:plain

 

この2つの構築を主に使用し臨みましたが、2100到達までには至らず。

構築Aは今後も使いたい並びなので詳細は伏せますが、構築Bのみ簡単に紹介。

 

 

f:id:biscuit-0821:20180209042223p:plain@ミズZ 191-*-105-143-121-99

ハイドロポンプ/凍える風/滅びの歌/守る

・凍える風+ミズZハイドロポンプミミッキュを倒せるように

 

f:id:biscuit-0821:20180209035728p:plainラグラージナイト 175-178-110-*-111-112→175-222-130-*-131-122

滝登り/地震/冷凍パンチ/身代わり

・試行回数を増やすために身代わり

 

f:id:biscuit-0821:20180209042721p:plain@イアの実 180-152-160-*-136-23(最遅ナット+1)

タネマシンガン/ジャイロボール/叩き落とす/剣の舞

・A222一致地震2耐え

・呪い身代わりミミッキュ、身代わりゲッコウガに対してのタネマシンガン

 

f:id:biscuit-0821:20170112200415p:plain@デンキZ 145-*-106-147-95-200

10万ボルト/めざめるパワー氷/瞑想/身代わり

・後出しランドまで通すため身代わり

 

f:id:biscuit-0821:20180209035123p:plainボーマンダナイト 171-205-100-*-100-152→171-216-150-*-110-172

恩返し/地震/龍の舞/羽休め

ウルガと組ませる為、AS振りと地震持ち

 

f:id:biscuit-0821:20180223210429p:plain@マゴの実 172-*-104-188-126-138

炎の舞/ギガドレイン/めざめるパワー氷/蝶の舞

・A143の+2ミミッキュZ耐え

・+1めざ氷で197-130メガボーマンダ確定

 

 

1700~1900代で主に使用。

メガ*2+Z持ち*2+木の実*2なので選出の並び・アイテムは常に強かったが、

カバマンダに対してタイプ上有利なはずなのに一手間違えたりマンダの威嚇を当てられたら一気に不利になるので、この構築で勝ち抜くには厳しかった。

また、天候発動やラグラージを繰り出すタイミングも択になりやすいので運ゲー構築だと感じた。

 

参考ブログ(問題があればリンク削除いたします。)

kobayashitx.hatenablog.jp

USM S8 キャラランク

構築組む際のメモとして。USMver.は記録していなかったので久々のキャラランク更新。

(同ランクは左から高評価順)

 

メガシンカ

■SS

なし

■S

f:id:biscuit-0821:20180209035123p:plain

■A

f:id:biscuit-0821:20180209035438p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035251p:plain

■B

f:id:biscuit-0821:20180209035256p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035603p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035335p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035443p:plain

■C

f:id:biscuit-0821:20180209035555p:plainf:id:biscuit-0821:20170114021812p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035728p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035914p:plain

■D

f:id:biscuit-0821:20180209035910p:plainf:id:biscuit-0821:20180209041822p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035940p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040028p:plain

■E

f:id:biscuit-0821:20180209042005p:plainf:id:biscuit-0821:20180209041819p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040026p:plainf:id:biscuit-0821:20180209041912p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040126p:plainf:id:biscuit-0821:20180209041945p:plain

 

◎一般

■SS

f:id:biscuit-0821:20170112200415p:plain

■S

f:id:biscuit-0821:20180209040444p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040305p:plain

■A

f:id:biscuit-0821:20180209040503p:plainf:id:biscuit-0821:20170114021808p:plainf:id:biscuit-0821:20180209041039p:plain

■B

f:id:biscuit-0821:20180209042801p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042344p:plainf:id:biscuit-0821:20180209041027p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040904p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040856p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042257p:plain

■C

f:id:biscuit-0821:20170112200419p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042915p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042058p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042316p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042748p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042603p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042131p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042507p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042903p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042108p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042402p:plain

■D

f:id:biscuit-0821:20180209042212p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042223p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042721p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042528p:plainf:id:biscuit-0821:20180209043128p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042151p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042124p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042430p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042236p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042514p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042411p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042711p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042305p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042201p:plain

■E

f:id:biscuit-0821:20180209042641p:plainf:id:biscuit-0821:20180209043245p:plainf:id:biscuit-0821:20180209044335g:plainf:id:biscuit-0821:20180209043422p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042622p:plainf:id:biscuit-0821:20180209043256p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042545p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042732p:plainf:id:biscuit-0821:20180209043614p:plainf:id:biscuit-0821:20170422043950p:plainf:id:biscuit-0821:20170114023111p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042147p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042542p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042818p:plainf:id:biscuit-0821:20180209042634p:plainf:id:biscuit-0821:20180209043524p:plain

 

 

S7(USM S1)は1950くらいで爆死の結果でした。

使用構築①:f:id:biscuit-0821:20180209040856p:plainf:id:biscuit-0821:20170112200415p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035603p:plainf:id:biscuit-0821:20170114021812p:plainf:id:biscuit-0821:20180209041027p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040503p:plain ZZナイトナイト回復実スカーフ

使用構築②:f:id:biscuit-0821:20180209040856p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040305p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035603p:plainf:id:biscuit-0821:20180209035256p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040444p:plainf:id:biscuit-0821:20180209040904p:plain ZZナイトナイト襷達人の帯

 結果残せなかった構築に解説は不要でしょう。

 

ポケモンできる時間は相変わらず限られているが、そんなのは言い訳でしかないので使える時間を効率良く勝ちきるスタンスで臨もうと思う。

 

 

 

ゴツメカミツルギ

f:id:biscuit-0821:20180125151947p:plain

ゴツゴツメット

161-202-152-*-56-177

リーフブレード/はたきおとす/光合成/聖なる剣

 

H:6n-1

A:無振りカミツルギを聖なる剣+ゴツゴツメット*2で確定

B:A182一致地震2耐え

D:C200一致PFサイコキネシス耐え

S:最速

 

カミツルギというポケモンは攻撃的な種族値を持ち、無効化されないタイプ一致技を持っています。

しかしながらタイプは優秀であるが耐久値はフェローチェ以下…

そんな中、タイプが優秀で耐性もあることに着目し、素早さ種族値を活かしたカミツルギを紹介。

 

S7序盤にガルーラとギャラドスバシャーモの相方として使用。

教え技ではたきおとすを習得したのが大きい。

ガルーラとギャラドスバシャーモが強く呼ぶポケモンメタグロスミミッキュキノガッサカバルドン・レヒレ・マリルリスイクンナットレイランドロスなど)に滅法強い。

このメジャーポケモンに後出しができ、ビーストブーストができる点はかなり優秀だと感じた。

聖なる剣は構築と相談してスマートホーンやハサミギロチンあたりに変えても良い。

 

今のカミツルギはS7から増加したギャラドスに対して上から叩けるスカーフを持っているものが多いが、こんなカミツルギも存在してもいいんじゃないかなと思った。

 

第六回関東バトレボオフ~バトレボ生誕11n周年記念~ 使用構築

すのーさん主催の関東バトレボオフに参加してきました。

オフの様子は従来の対戦オフとは違い、対戦をし合ったりするわけではなく、個々・各自でポケモン対戦し合ったり、やりたいことをやる、なんでもありのオフでした。

自分が実際に対戦したルールは、バトレボ・第4GS・第5シングル・第7竜王戦

 

その中、折角バトレボオフに参加するということでバトレボ構築を真面目に組んで持って行き、今現役バトレボ勢を倒してやろう!という目的を持って参加してきました。

 

 

今回は下記構築1つのみ持っていきました。

 

f:id:biscuit-0821:20171203155612p:plainf:id:biscuit-0821:20171203155614p:plainf:id:biscuit-0821:20171203155616p:plainf:id:biscuit-0821:20171203155617p:plainf:id:biscuit-0821:20171203155618p:plainf:id:biscuit-0821:20171203155620p:plain

 

メタグロス@綺麗な抜け殻

187-180-151-*-133-91

コメットパンチ/思念の頭突き/雷パンチ/寝言

 

■ゲンガー@命の珠

135-*-81-182-95-178

シャドーボール/気合玉/催眠術/身代わり

 

バンギラス@拘り鉢巻

207-187-135-*-132-82

ストーンエッジ/噛み砕く/追い打ち/冷凍パンチ

 

ガブリアス@気合の襷

183-151-115-132-94-169

逆鱗/地震/流星群/大文字

 

■サンダー@拘りスカーフ

165-99-105-194-111-152

10万ボルト/めざめるパワー氷/熱風/蜻蛉返り

 

スイクン@カゴの実

207-*-151-110-135-135

波乗り/凍える風/瞑想/眠る

 

 

今現役バトレボ勢に今何が多いのかを伺うと、ナンス入りが多いとのことだったのでナンスを強く呼びながらもナンスを起点にしてゲンガーで抜いていくというコンセプトから構築スタート。

メタグロスソーナンスを強く呼ぶポケモンなので、ナンスから逃げれる抜け殻を持ちバトレボ界最強ポケモンのゲンガーを無償降臨し催眠術の試行回数を稼ぎ全抜きを狙う。

 

参考記事

ぬけがらグロスPart1 ( ゲーム ) - ポケとナポと懐古日記 - Yahoo!ブログ

 

相手にナンスがいなかった場合は主にサンダーの蜻蛉から鉢巻バンギを繰り出し有利対面を取りながら鉢巻のダメージ負荷をかけていく。

スカーフサンダーは相手のガブリアスの上を取れるので非常に優秀でした。蜻蛉を覚える拘り電気は個人的に好み。

ガブリアスはマンダ+ハッサムを意識した構成。炎牙剣舞でも良かったかなーと思ったり。

スイクンは相性補完入り。言い訳をするならば考える時間がなく適当に突っ込んだ。

対零度スイクンにノイクンの採用、または催眠術を選択できるミロカロス、眼鏡シャワーズでダメージレースに負けない等の採用も有りだと感じた。

 

基本選出

サンダー+バンギラス+ガブリアスorゲンガー

サンダー+メタグロス+ゲンガー

相手に合わせてスイクンを挿していく。

 

結果

・砂残飯ガブに対してスカーフサンダーが上を取り勝ち

・ステロ+鉢巻ハッサムに縛られジリ貧負け

マンムー+ドータクンに対抗する術が薄く負け

・雷Pグロスでムドー突破・文字ガブでハッサム燃やした

実際にはナンス入りには一戦も当たらず、グロスが腐りました。ドヤ顔したかった

 

第7世代シングルと比べたら選択プールが少ない中、様々な構築と対戦できて充実した一時でした。

今現役バトレボ勢とお話もできたし、バトレボをやる機会があればまた構築を考えたいと思います。

終了したルールながらまた新鮮な気持ちを持って考察するのは非常に面白いと感じました。

 

主催陣スタッフの方々、オフに参加された方々、初対面ながらお話させて頂いた方々、ありがとうございました。お疲れ様でございました。

 

 

メモ帳に記録していた俺流の構築の組み方

f:id:biscuit-0821:20170222051641p:plain

某氏に「ちびすけさんは構築をどう組んでますか?」と聞かれたことがあり、

「俺はメモ帳にその都度記録して自分の考えを整理しているよ。」と答えたので、

今回は第四回CCSまでに目指した構築メモを公開する。

 

ちなみに完成構築は前記事のこれ。

biscuit-twister.hatenadiary.jp

この記事でも後に記事にすると述べたので。

恐らく以下のメモで述べていることとだいぶズレている結果になるw

 

自分なりに結構略してる部分が多々あるので流し見してください。

 

 

■7/1

第四回CCS開催決定。

CCS当日までに第七世代の対面構築を完成させるべくレートに潜る度(日付毎)に雑感をここに記録する。

「真の対面パは引かない」をコンセプト。

 

■7/2

自分の考え

別に縛ってるわけじゃないけど、メガ1.Z2が個人的に選出しやすい 20戦くらいメガ1.Z1も試したけど此方も悪くはないがパワーが落ちたなという印象 というよりそこに拘りを挿したから動きづらくなっただけだろうけど

 

個人的にメガ1.Z2で仕上げるのが選出も自分に向いてるし、扱いやすいから崩すのに滅びゲンガー挿したいとかそういう理由ではない限りこれを目指す

 

種族値のハンデを背負うことになるけど、6世代ほどメガシンカ対戦ではないと感じてるので選出幅を狭めるよりかは対応できる範囲を伸ばして一般枠を強い物に仕上げた方が良いのかなってのが7世代触って感じた俺の持論 まあ構築次第と言ってしまえばそれまでだけどw

 


■7/4
ランドロスの感触がよかった、ハッサムのせいでウルガヒードランに負けたので
レヒレも抜きたいポケモンが多く感じたのでHCからCSに。
ミミッキュの呪いがよくわからんのでシャドクロに。 

ヒードラン@チョッキ →微妙
ランドロス@イア

ハッサムテッカグヤギルガルドも視野
ギルガルド@鉢巻 シャドクロ聖剣影打ち諸刃 or珠、保険 影打ち聖剣剣舞キンシ
・没案
ハッサム@ナイト 意地調整配分 バレット蜻蛉剣舞羽
ギルガルド@バンジ シャドボラスカ金属音キンシ 

 


■7/7
メガ枠の検討。ガルーラ、マンダ→コケコガルドマンダの並び
メタグロス案も浮上。
コケコランドグロスレヒレミミッキュカイリュー →グロスカイリューマンムー重い
コケコランドガルドレヒレミミッキュガルーラ

 


■7/9
レヒレの耐久値に不安が生じた為、CS→HC
↓良さ気
コケコ@襷
ランド@チョッキ
ガルド@ゴーストZ
レヒレ@ミズZ
ミミッキュ@フェアリーZ
ガルーラ@ナイト 捨て身不意炎Pグロウ
→コケコorランド+ガルーラ+ガルドのパワーが気になったのでガルドをZ
 Z3枚で手ぶらが生じてもZを選出しない時のデメリットの方が大きく感じた。
↓その2
コケコ@襷
ランド@イア
ミミッキュ@Z
レヒレ@Z
ヒードラン@スカーフ
ボーマンダ@ナイト

 


■7/11
①←ベースで
カプ・コケコ@襷
ランドロス@チョッキ 腕白HB 地震/封じ/蜻蛉/叩きor地割れ ←地割れでいいかも
ギルガルド@ゴーストZ 剣舞orシャドボ影打ち毒キンシ
ミミッキュ@フェアリーZ 呪いorシャドクロ
スイクン@残飯 熱湯凍風 瞑想or毒 身代わり/熱湯 毒or瞑想 身代わり守る ←EFめざ電でドイデ殺す?
バシャーモ@ナイト 雷P


カプ・コケコ@襷
ランドロス@イア ステロ
メタグロス@ナイト ヘッドバレット
ミミッキュ@珠
カイリュー@ドラゴンZ 逆鱗炎P
レヒレ@ミズZ めざ炎


カプ・コケコ@襷
ランドロス@イア ステロ
ヒードラン@スカーフ 大地or原始
ボーマンダ@ナイト
ミミッキュ@フェアリーZ 呪いorシャドクロ
カプ・レヒレ@ミズZ

 


■7/14
①使用
ギルガルドが歪む 剣舞→シャドボZ
・ランド チョッキ→HDイア毒


■7/15
ランドロス@イア 生意気HD めざ氷 ←ミラー、マンダの起点回避
ミロカロス@なんか 勝ち気 熱湯凍風催眠再生
→ランドはまあ悪くなかったけどミロ微妙


■7/16
・どっかにスカーフ欲しい コケコ?
・ガルドの配分見直し
→冷静HCにしたらジバコとのイタチごっこで負けたからS87くらいまで伸ばす控え目個体
・ガルーラってかノーマル重い


■7/18
スイクン マンダを気にして凍える風or吠えるの採用 吠えるカバにも有効


■7/24
・スカーフ採用したい →やっぱりスカーフ地面っしょランドロス
・炎牙マンダって机上論受け不可能じゃね →バシャからマンダ ポリ2とか重くなったけど
ミミッキュのシャドクロを挑発or呪いとか
現状
カプ・コケコ@襷
ランドロス@スカーフ 雪崩馬鹿力
ボーマンダ@ナイト 捨て身炎牙竜舞羽
ギルガルド@ゴーストZ 影毒キンシ
スイクン@残飯 臆病HS 熱湯凍風毒まも
ミミッキュ@フェアリーZ シャドクロ


■7/26
コケコ・ミミッキュスイクンボーマンダまでは良い。
・鉢巻ハッサム使いてえ→思ったより強い ガルド→ハッサム


■7/29
ランドロス弱くね?
ヒードランジバコイルやレボルト(電気)、地面、テッカグヤに強く、ミミッキュを誤魔化せるポケモン(非メガ、Zクリスタル所持有)
マンムー良さ気 @コオリZorスカーフor珠
他案:テッカグヤ 炎or草Zヒードラン


■8/1
レート1500スタート9-1
・コオリZマンムー出せねえ→試験的にスカーフ→発想は悪くないけどゴミ
メタグロスゲロい
マンムーの所にゴーストZギルガルド?→まだ試してない

現状
カプ・コケコ@襷
スイクン@残飯 臆病HS 熱湯凍風毒まも
ミミッキュ@フェアリーZ シャドクロ
ボーマンダ@ナイト 捨て身地震エッジ炎牙 意地
ハッサム@鉢巻 石火
マンムー@コオリZ 地震礫つららおとし叩き


■8/2
マンムーの枠に試験的に、ヒードラン@ホノオZ オバヒラスカニトチャ毒


■8/4
ヒードラン入れてレート13連勝
鬼火でもいいのかなって思うけど、ポリ2あたり意識するなら毒に


■8/6
レートで惨敗した
結果的にハッサムが足を引っ張っている様
最後に入ったヒードランは強かった


■8/7
構築再案
電気が重い、上から殴れないという前回の構築からの反省を踏まえてマンダドランからスタート。
現状
カプ・コケコ@襷
スイクン@残飯 臆病HS 熱湯凍風毒まも
ミミッキュ@フェアリーZ シャドクロ
ボーマンダ@ナイト 意地 捨て身地震エッジ炎牙
ヒードラン@ホノオZ オバヒラスカニトチャ毒
ランドロス@スカーフ 封じ馬鹿力

ランドロスはスカーフテテフもいいかも


■8/10
レート20-3くらい
マンダ意地→陽気AS ルカリオ、ジャロ、グロスカミツルギあたりは抜いておきたかった
→特に困ってない 寧ろ選出画面での不安が抜けて良い方向


■8/11
スイクン残飯→回復実 毒身代わり吠える→凍える風毒身代わり
→凍える風が強い ただレヒレに対しては不安
レート1900まで一気に
現状
カプ・コケコ@襷
スイクン@ウイの実 臆病HS 熱湯凍風毒身代わり
ミミッキュ@フェアリーZ シャドクロ
ボーマンダ@ナイト 陽気 捨て身地震エッジ炎牙
ヒードラン@ホノオZ オバヒラスカニトチャ毒
ランドロス@スカーフ 封じ馬鹿力


■8/18
試験的にマンダ→ガルーラ@ナイト 捨て身不意ほんちグロウ ランドとマンダの弱点が被る
マンダドランのセットがいいので、ランドガルドのセットの期待も込めて
ヒードランギルガルド@ゴーストZ シャドボ影毒キンシ


■8/19
ガルーラはそんなによろしくなかったのでマンダに戻す
ドランが上位に刺さりづらいと感じたのでガルドを続投。型を少し変更
ギルガルド@ゴーストZ シャドボ影聖剣身代わり キンシは面倒な択を発動させるだけだから採用しない
テテフやクレセに後出ししてくる奴に身代わり聖剣が刺さる
・受けループは切る CCSにいるわけない

 

■9/1

ランドロス@襷
バシャーモ@ナイト 155-233-100-*-101-152
テッカグヤ@ヒコウZ 173-*-123-156-124-124
ミミッキュ@フェアリーZ
カプ・コケコ@スカーフ ワイボ蜻蛉ブレバボルチェン
カプ・テテフ@チョッキ サイキネショックムンフォめざ地

 

ヒードランジバコイルナットレイ →バシャ+テテフ@めざ地
リザードンバシャーモ →ステロor妖Zミミッキュ
ゲッコウガアシレーヌカプ・レヒレギャラドス →コケコorミミッキュ
ボルトロス霊・カプ・コケコ・メガライボルトロトム →ランド
カバルドンマンムー →ランド+カグヤ

 

 

ここからメモ帳の更新がなくなりました。

 

 

ちなみに第五世代の頃からこのようにメモ帳に記録し、自分の考えを纏めていました。

 

第七世代では第五世代の頃と比べ、Zクリスタルやメガシンカという策略はもちろん、ポケモンもかなりの数が増え、整理仕切れないと感じるので、

何事もメモを取るのは大事な事だと今回の構築を作成しながら強く感じました。

 

いちいち記録するのは面倒だと思うが、昔の自分の考えがわかったりするので結構面白いです。

ここまで成長した、結果を残したという事も一目瞭然です。

今回は意味わかんないことばっかり言ってるし成長したと言えませんが

 

今後もメモを取ることを続けながらポケモンをやっていきます。